救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

最終決戦は続いている!制裁と国際連携で全員救出実現を!国民大集会 全報告

今年2回目の国民大集会は、平成28年9月17日、「最終決戦は続いている!制裁と国際連携で全員救出実現を!国民大集会」とのタイトルで、東京・砂防会館別館の「シェーンバッハ・サボー」で開催された。家族会、救う会、拉致議連、北朝鮮による拉致被害者を救出する知事の会、拉致問題地方議会全国協議会が主催し、安倍総理を初めとする政府代表、各党代表、特定失踪者問題調査会役員と同家族も参加した。
 安倍晋三首相は、「北朝鮮の指導部には、これ以上いたずらに時間を費やすことは何ら利益とならないばかりか、日朝関係にぬぐいがたい禍根を残してしまうことに思いを致し、対話を通じ拉致問題の早期解決を実現するよう強く求めていく」と述べ、北朝鮮の対応を促した。
 飯塚繁雄家族会代表は、拉致問題を核、ミサイル問題と切り離し、拉致問題を最優先で解決してほしいと要請した。横田早紀江さんは、娘のめぐみさんが北朝鮮で「自分は日本人だ」と示すために「君が代」を歌っていたことを紹介した。
「救う会」の西岡力会長は、これまで北朝鮮に対する制裁強化を訴え続けてきたが、それはほぼ実現した。今後はすべての被害者を帰国させるなら、核実験・ミサイル発射でかけた制裁以外の独自制裁部分は解除することができるので、実質的協議を行うよう要請した。
 加藤大臣は大集会前日の家族会・救う会との面会で、この要請に対し、「制裁はかけて引くのもカードだ」と述べた。


飯塚繁雄(田口八重子さん兄、家族会代表)

西岡力(救う会会長)

平沼赳夫(拉致議連会長、衆議院議員)

山谷えり子(自民党拉致問題対策本部長、元拉致問題担当大臣)

松原 仁(民進党拉致問題対策本部長代行、元拉致問題担当大臣、拉致議連幹事長)

中山恭子(日本のこころを大切にする党代表、元拉致問題担当大臣)

上田勇 (公明党拉致問題対策委員長、拉致議連副会長)

笠浩史(拉致議連事務局長代理、民進党衆議院議員)

上田清司(北朝鮮による拉致被害者を救出する知事の会会長、埼玉県知事)

松田良昭(拉致問題地方議会全国協議会会長、神奈川県議会議員)

曽我ひとみ(拉致被害者、曽我ミヨシさん長女)

横田拓也(横田めぐみさん弟、家族会事務局長)

横田哲也(横田めぐみさん弟、家族会事務局次長)

飯塚耕一郎(田口八重子さん長男、家族会事務局次長)

本間 勝(田口八重子さん兄)

斉藤文代(松木薫さん姉)

松木信宏(松木薫さん弟)

浜本七郎(帰国した浜本<地村>富貴恵さん兄、家族会副代表)

荒木和博(特定失踪者問題調査会代表、拓殖大学教授)

北越優子(特定失踪者神谷慶五郎さん娘)

荒木和博(特定失踪者問題調査会代表、拓殖大学教授)

鈴木馨祐(拉致議連事務局次長、自民党衆議院議員)

pnp

国民大集会「もう我慢できない。今年こそ結果を!」
「もう我慢できない。今年こそ結果を!」。2月2日に家族会・救う会合同会議で決めた今年の運動方針です。 拉致被害者家族の高齢化が進み、「生きている間に被害者に会えないかもしれない」という言葉が出るようになっています。経過はすべて説明して頂くことはないと思います。しかし、今年中にぜひ結果を出して欲しいということが、家族会・救う会そして心ある日本人の心の底からの叫びだと思います
2014年4月27日午後2時午後5時 日比谷公会堂
東京都
千代田区
日比谷公園1-3