救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

今ここまで言える日本人拉致の全体像ー東京連続集会91全報告

 平成28年3月3日、東京・文京区民センターにおいて、東京連続集会91が開催された。今回は、横田ご夫妻とお孫さんらとのモンゴルでの面会写真がマスコミに公開されたことについて、横田早紀江さんから、「写真は横田家から出したものではない。今は孫らとの再会や遺骨問題よりも、すべての拉致被害者を取り戻すことが最も重要だ」との意見が表明された。
 続いて、西岡・救う会会長とジャーナリストの惠谷治さんとの掛け合いで、拉致の類型・時期など、日本人拉致の全体像について、今分かっていることは何かについて改めて解説した。また、惠谷さんが「拉致と総連、工作員接線ポイント分析」を、プロジェクターを使って報告した。
 最後に、島田洋一副会長から訪米報告がなされ、飯塚代表から近況報告がなされた。その他、家族会から横田滋さん、増元照明さんが参加しました。


恵谷 治(ジャーナリスト、救う会拉致の全貌プロジェクト委員)

島田洋一(救う会副会長、福井県立大学教授)



pnp
■ サイト内検索 ■


■あなたにも出来る救出運動■
あなたにもできること

 ■ 映画「めぐみ」 ■ 

映画「めぐみ」

■ 書 籍 ■

国民大集会「もう我慢できない。今年こそ結果を!」
「もう我慢できない。今年こそ結果を!」。2月2日に家族会・救う会合同会議で決めた今年の運動方針です。 拉致被害者家族の高齢化が進み、「生きている間に被害者に会えないかもしれない」という言葉が出るようになっています。経過はすべて説明して頂くことはないと思います。しかし、今年中にぜひ結果を出して欲しいということが、家族会・救う会そして心ある日本人の心の底からの叫びだと思います
2014年4月27日午後2時午後5時 日比谷公会堂
東京都
千代田区
日比谷公園1-3