国民大集会に参加するため国際フォーラムまで足を運んでくださりながら、入場をお断りしたみなさまに

 本日は、6千席を準備していましたが、開演前に満席となり、そのほかに5千人以上の方々が、お並びくださったのにもかかわらず、結果として、ご入場いただけずお帰りいただくことになりました。

 また、お並びいただいている間に、列のどこまでがご入場いただけるのか、といった基本的な情報を適時にお伝えできず、そのためたいへん不愉快な思いをさせてしまった方々が多数いらっしゃいました。

 正直に申し上げて、私どもは、このような多数の方々がご参集くださるということを想定できずにおりました。基本的な判断ミスがございました。主催者の責任でございます。事務局を努めた「北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会」の責任が大きいと考え、心からの謝罪を申し上げます。

 北朝鮮の金正日政権は本日の集会の様子を固唾をのんで注目していたはずです。その意味では、1万を超える日本国民が「拉致はテロだ! 北朝鮮に拉致された日本人・家族を救出するぞ!」というスローガンのもと集まったとの報告を聞き、拉致問題完全解決を求める日本国民の怒りを痛感したことは間違いありません。これは大成果です。お待ちいただきながらご入場いただけなかったみなさまが、いてくださったからこそ、この成果が上がったと考えます。本当にありがとうございました。

 5千以上の方々が長い方では数時間待っていて、入場できなくても、拉致家族への激励と救出運動への協力の意志を残して秩序正しく帰宅された場面を現場で見させていただき、私たち家族会・救う会は強い感動を覚えました。これからもみなさまと一緒になり、命がけでたたかいつづけて参ります。より一層のご支援をお願いいたします。

平成15年5月7日

北朝鮮による拉致被害者家族連絡会代表 横田滋
北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会会長 佐藤勝巳
北朝鮮に拉致された日本人を早期に救出するため に
                                                      行動する議員連盟会長    中川昭一
北朝鮮に拉致された日本人を救出する地方議員の会会長 土屋たかゆき


 

 

   
 

             
   

■ 上へ 

   

 


サイトマップ

Copyright (C)2004 救う会全国協議会