救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

増元さんからのレポート(2001/08/10)
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

救う会全国協議会ニュース

発行:北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会
TEL 03-3946-5780/FAX 03-3944-5692 http://www.asahi-net.or.jp/~lj7k-ark
〒112-0015 東京都文京区目白台3-25-13 
担当:荒木和博(事務局長 k-araki@mac.email.ne.jp)
----------------------------------------------------------------------
恐縮ですが送信を希望されない方は荒木のID宛メールをお送り下さい。
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

■増元さんからのレポート

 鹿児島から拉致された増元るみ子さんの弟の照明さんは去る7月7日、以下の集会に
参加されました。この集会は日朝国交正常化推進の立場でのものです。報告を要約し
ます。

 「拉致問題掲示板」を見て、「国民連合」主催の「7.7集会」−一日も早く日朝
国交正常化を!−に、参集された人々の意見も聞いて見たいと思い出向きました。

 まず奈良女子大学名誉教授中塚明氏の「南北共同声明一周年と日朝関係の正しい歴
史認識を」という題で講義がありました。講義後、「質問時間」がありましたので、
「拉致問題に関し如何お考えでしょう?」と聞きました。勿論「家族会」のものです。
と、名のって質問しました。

それに対し中塚氏は、拉致そのものの証拠、根拠は?と問われたので「シン.ガンス
事案」と「李恩恵事案」をあげ、説明しました。中塚氏は「もしそれが軍事政権下の
裁判であったなら信頼性にかけますね」といわれました。それに呼応するように出席
者の中から「裁判が全て正しければ『冤罪』など起き得ない。」という声もありまし
た。又、「李恩恵事案」を説明中、司会者の荒川区議斎藤裕子女史の「そんな人いる
の?」という声も聞かれました。主催者の1人「国民連合」の世話人、片岡健氏にも、
答えてもらいましたが、氏も同様の意見で「拉致」そのものの事件を否定的にみてお
られました。又こうも言っていました。
 「北朝鮮が「拉致」する動機が理解できない。「日本人化教育」なら日本に住む優
秀な総連関係者がいるから、わざわざ日本人を拉致する必要がないではないですか」
 小生そこで議論するつもりはなかったので、参会された人々の意見を聞いて、目礼
しその場を辞しました。帰る際会場に入る際書いた「名前と住所」を削除してきまし
たが。何故なら「政府に対する申し入れ書」に参加者一同とありましたから。
 しかし、「どうしても納得がいかなかったので、「そんな人いるの?」といった荒
川区議に添付の手紙を書いて送りましたが、未だに返事がきません。又、「国民連合」
には本日メールにて同様の質問しておきました。

(増元さんが斎藤裕子荒川区議に送った手紙・原文の変換ミスなどは修正しました)

前略 斎藤ゆうこ様

 先日は失礼しました。当日も申しましたように私は純粋に皆さんの意見を拝聴した
くて集会に参会したものであります。故にあの場での議論は望みませんでしたので、
多くを語らず、又皆さんの考えと多少違うと感じましたので帰らせていただきました。

 ただ、斎藤さんの「李 恩恵」に対する「そんな人いるの?」という鼻で笑うよう
な一言を聞き、皆さんの勉強不足を痛感し我々の考えも聞いていただき判断して欲し
く手紙を書かせていただきました。

 「原敕晁」氏に関しては同封の資料を御覧下さい。1985年に韓国が軍事政権下
だったか?記憶が定かではありません。おそらく違ったと思いますが。又、他の「拉
致事案」に関しても資料を同封します。ご査収ください。

 斎藤さんの質問に関してお答えします。

 我々も勿論「外交交渉」の中で解決されるのが筋だとは思います。が、今現在の
「北朝鮮」の政権下での外交交渉など考えられません。一様に皆さんの考えは「北朝
鮮」が普通の国としてお話になっておられるようですが、毎年「餓死者」を出し、累
計で300万人といわれる中で尚「軍備の増強」を国民に強いている「指導者」がま
ともな指導者でしょうか?大勢の人民を貧窮させておいて自分達は「ワインを好んで
飲んだり」「ディズニ−ランドへ行く為にパスポートを偽造したりしている」政権と
の国交正常化など考えられるのでしょうか?皆さんは「過去の戦争責任」にばかり言
及されて「今現在の北朝鮮」について目を閉ざしていらっしゃるのではないでしょう
か?10万、20万ともいわれる「政治犯」と称し「強制収容所」に幽閉されている
「北朝鮮人民」のことを如何考えておられるのでしょうか?我々を支援されている
「救う会」の方々は、「抑圧された朝鮮人民」の救済をも考え、この運動に協力して
います。ある方は、「金正日体制を維持させる食糧支援、国交正常化など実現した場
合貧窮する大勢の人民を助ける事など出来なくなり、又、そんな人民が日本政府に対
し日本人にたいし「恨み」こそ抱くだろうが、「感謝」などするはずがない。またぞ
ろ朝鮮人民の反感を買うだけになる。」とおっしゃっています。その点に関しては熟
慮されているのでしょうか?ただ「旧日本帝国が圧政を強いた可哀相な北朝鮮にお詫
びをする」という美名に酔いしれているだけではないでしょうか?今現在の北朝鮮政
権こそ貴方達が憎むべき「人民を死に追いやる日帝と寸分たがわぬものであり、貴方
達の戦うべき政権なのではないでしょうか?

 我々「家族会」も横田会長が度々おっしゃっているように、「本当の救済になる食
糧支援に反対するものではない」「人道と言うなら拉致被害者の人道をかんがえてい
ただきたい。」というスタンスです。納得のいく「外交交渉や解決」ができないから、
反対しているのです。

 又、皆さんは「拉致」などない、でっち上げという「北朝鮮」の主張のみ鵜呑みに
し、「日本」の警察や「韓国の裁判」をも否定的にみておられますが、その根拠は何
処にあるのでしょう?「日本の国会において責任ある大臣が公にしている北朝鮮によ
る日本人拉致事件」を否定し、「日本の世界でも優秀といわれている警察の捜査の結
果」も否定し、ただ「北朝鮮」の発表だけを信じ、「拉致された日本人」を無視して
いるのは何故でしょう?再度申し上げますが「拉致」は、現在進行形の「北朝鮮金正
日政権の犯罪」です。貴方達は信じないでしょうが、「北朝鮮から亡命した工作員」
が「横田めぐみ」さんを「金正日軍事政治大学」ないで目撃したと、又、私の姉とと
もに拉致された「市川修一」さんとも話をしたことがある。」といっています。又こ
うもいっています「我々は小さい頃から「朝鮮」を占領した日本人などどうなっても
かまわない。朝鮮の大望のためには、日本人など如何利用しようとわが国のかってで
ある」日本各地からアベックを拉致する際「番でもってこい」といわれたそうです。
何故なら前年の「めぐみちゃん」を拉致してきたとき、「めぐみちゃん」が泣き止ま
ずてこずった経緯からです。

 私の旧知の在日のかたが「拉致」の公表後、私に語ってくれました「私たちは日本
でも、北朝鮮でも、韓国でも究極に余所者あつかいです。何年ものあいだそれに苦し
んできました。そしてよく北朝鮮と言う国を知っていますが、あの国なら「拉致」を
やっても不思議ではありません。大変申し訳なく思います。」貴方方が本当に救うべ
きはこういった人々ではないですか?でもそれが「参政権を与えればよい」というも
のではないのは自明の理ですが。

 どうぞ、こういった意見も無視しないで下さい。
我々が何故「現北朝鮮政権」との「国交正常化」に反対なのか?
前にも述べたように「多くの北朝鮮人民を苦しめる現政権の延命につながる」からで
す。「国交」を結べば多額の金がODAの名のもとに「北」につぎ込まれ、それによ
り潤うのは「日本の大手ゼネコン」と「政治化」そして「金正日体制」であるからで
す。そのからくりに関しご質問があるなら聞いてください。又、「拉致」が解決され
ないまま「国交」が成されれば、「北朝鮮」に「拉致」など解決しなくても、白を切っ
て居つづけても「金」は日本から盗れるだけ盗れるという誤ったメッセージを送るこ
とになるし、最悪の場合抹殺されかねないからです。

 最後に、日本の政府が認め日本の警察が認め、韓国の裁判所さえ認定した「北朝鮮
による日本人拉致事件」を全く否定し、日本人の大半のコンセンサスを得ている「拉
致事件」を無視し、「国交正常化」だけを先行させようとしている貴方達は、この事
件が真実であり、又、「国交」がなされ被害者が抹殺された場合どのように責任をお
とりになるのでしょうか?ただ、誤って済む問題ではありません。どうぞ慎重にお考
え下さい。
 我々は連絡いただければ何度でも話し合うつもりです。
 まず、わたしの質問― 「拉致が真実の時、どう責任をおとりになるのか?」
ご返事いただけないでしょうか?
                                  草々


追伸:私は何度も社民党党首土居たか子さん、衆議院(社民党)の数名にメールを送り、
この問題に対する協力をお願いしてきましたが、誰一人返事をいただけませんでした。
土井さんにいたっては「衆議院会館」内のエレベーター内で偶然お会いした時メール
の返事をお願いしたにも関わらず、何の返事もいただけませんでした。これが「国民
の声」を聞くべき政党の姿勢でしょうか?ちなみに私が発信した議員には大脇雅子さ
ん、辻本清美さんも入っております。


2001.7.9.    北朝鮮による「拉致」被害者家族連絡会
                    増元 照明          


  
■ サイト内検索 ■


■ メールニュース ■

■ 過去のメールニュース ■

  ■ 2019年
  ■ 2018年
  ■ 2017年
  ■ 2016年
  ■ 2015年
  ■ 2014年
  ■ 2013年
  ■ 2012年
  ■ 2011年
  ■ 2010年
  ■ 2009年
  ■ 2008年
  ■ 2007年
  ■ 2006年
  ■ 2005年
  ■ 2004年
  ■ 2003年
  ■ 2002年
  ■ 2001年
  ■ 2000年
  ■ 1999年
■あなたにも出来る救出運動■
あなたにもできること

 ■ 映画「めぐみ」 ■ 

映画「めぐみ」

■ 書 籍 ■