小選挙区の候補者一覧

北海道 青森 岩手 宮城 秋田
山形 福島 茨城 栃木 群馬
埼玉 東京 千葉 神奈川 山梨
新潟 富山 石川 福井 長野
岐阜 静岡 愛知 三重 滋賀
京都 大阪 兵庫 奈良 和歌山
鳥取 島根 岡山 広島 山口
徳島 香川 愛媛 高知 福岡
佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎
鹿児島 沖縄

比例区の候補者一覧

北海道 東北 北関東 東京
南関東 北陸信越 東海 近畿
中国 四国 九州    

選挙区で立候補し、比例区で当選している人は各都道府県の選挙区に掲載されています。

     


 (平成17年9月11日投票の総選挙直前に実施=家族会・救う会)

質問:貴下は「拉致被害者救出のために早期に制裁を発動すること」に賛成ですか。   


【鳥取県1区】
石破  茂

48

元防衛長官 自民(比)
回答その他
選択理由 経済制裁を日本単独で行うことは、拉致被害者の救出に全く資さない。中国韓国が支えるので全く効果がないのみならず、北朝鮮に「日本が潰したから」として、六者協議に参加しない口実を与え、六者協議の決裂、ひいては国連安保理に拉致問題を含む北朝鮮の諸問題を持ち込んで、国際社会全体で制裁を課す機会を永久に失わせるからである。

【鳥取県2区】
赤沢 亮正

44

元公社部長 自民(比)
回答賛成
選択理由 特定失踪者が米子に3人おられます。ご家族の永い間のご心痛をお察しいたします。また、支援されておられる、地域、職域、学友、救う会、調査会の皆様方の真摯なご活動は、心より経緯を表します。3人の政府認定の実現のために精根こめて働きます。他力本願のみでは、北朝鮮を「対話」の席につけることはできません。日本は毅然として、固い決意をもって、制裁を視野に入れて、万全の外交努力を断固実施することであります。
   
   

■ 上へ 

   


サイトマップ

Copyright (C)2003 救う会全国協議会